2018年4月4日水曜日

山形 瀧山 


写真はありません


久しぶりに娘と3人でドライブ

お客様に教えていただいたおそば屋さんに向かう


そこは 山形 瀧山(りゅうざん)のふもと

かつて 霊峰とあがめられ

852年 慈覚大師により開山され

巨大な仏教寺院が建てられたという

そして300人が一堂に宿泊できる大きな宿坊があったとも

300の宿坊が立ち並んでいたとも伝えられている


その後 あまりの勢力に

時の権力者であった鎌倉幕府に閉山を余儀なくされた



『 たぐいなき おもいいではの桜かな

うすくれなゐの 花のにほひは 』

と 1148年頃

西行法師が流刑の僧の安否を探るため

再度この地を訪れ詠んだ歌という

( ペンション三百坊のご主人のお話と そば処 三百坊 パンフレットより )


注文を受けてから打つ寒晒しそば

感動しました






 
コメントを投稿